最強育毛ストラテジー

3ヶ月以内に

90 %以上の確率で

薄毛を改善するための最強の戦略

 

それが「最強育毛ストラテジー」です。

3
こんにちは若ハゲ東大生のフカセです(`・ω・´)ゞ

まずはこのページをご覧頂きありがとうございます。

このページでは、僕自身のAGA治療の経験や書籍・論文などで学ぶことで得た知識から導き出した今現在最強の育毛戦略をご提案したいと思います。

巷には色々な育毛剤や治療法があふれすぎていて一体どれを選べばいいのかわからないという方に、これからどのように薄毛治療を進めていくかを考える一助となれればと思います。

 

育毛業界の闇

2
本題の育毛戦略に入る前にひとつ。

AGAは人には中々相談できないデリケートな悩みです。

残念なことに、こういったコンプレックスを食い物にしている悪徳な業者が育毛業界には少なからず存在しています。

AGAを治療したいと本気で願う人達がそういった会社のカモになっている現状には非常に腹が立ってなりません。(僕も効果が全く感じられない育毛剤を使っていた時期があったので正直個人的にも腹が立っています。)

薄毛に悩んでいる同士には、効果のない商品を買ってお金を失うばかりか髪の毛も失う、という結果になってほしくはありません。

もちろん全てが悪徳業者かというとそんなことはないので、僕自身が使用してきたり、あるいは配合されている成分についての論文を読んだ中で効果があると確信しているものについて、ここでは紹介したいと思います!

 

効果的な治療の進め方

下のグラフは僕の考える薄毛治療の難易度を表した図です。

上にいくほど難しく、それと同時により多くのお金も必要になります。

図の通り難易度は「薄毛回復>>薄毛回復後の毛髪量維持>薄毛のままでの毛髪量維持」となります。

薄毛治療エネルギー図

当然といえば当然ですが、薄毛の進行を止めて現状維持をするよりも、そこからさらに育毛・発毛させていくことはエネルギーのいることです。

ですので、毛髪量を今の状態より改善する際には集中的な治療が必要となります。

 

一方で、一度薄毛を克服すればその後は維持に専念すればよく、使用する育毛剤等も最小限にしてコストダウンが可能です。

しかし、もちろんここでも手を抜きすぎると再び薄毛治療の壁を超える前の”薄毛の状態”に逆戻りしてしまうので要注意です!

なぜなら現状維持についても薄毛治療後の状態で維持する方が、治療前の状態で維持するよりもエネルギーのいることだからです。

 

というのも、薄毛が改善した状態というのは“仮に治療をせずに放っておいたら抜けてしまう部位にも髪の毛が生えている状態”だからです。

そのような”薄毛になりやすい部位(頭頂部や前頭部)”にも髪の毛を維持しておくことは、治療をしなくても生えていた部位、つまりは”薄毛になりにくい部位(側頭部や後頭部)”の髪の毛を維持するより難しいことは想像にかたくないと思います。

 

まとめますと

1

AGA治療においては、まずはこの「薄毛の壁を乗り越えられるかどうかが勝負」となります。

薄毛治療を行っているけども治療が上手くいっていない人の中には、「まずフィナステリドを試してダメだったから、次はミノキシジル・・・」などとひとつずつしか試していない人が多いです。

かかる費用も少なくて一見合理的に見えるかもしれませんが、効果がなければお金をドブに捨てているのと変わりません。

単品での使用を続けていると、いつまでたっても上の図の「薄毛回復の壁」を乗り越えることができず、しまいには何をやっても無駄なんだとAGA治療自体をあきらめてしまうことになりかねません。

この「薄毛回復の壁」を乗り越えるための集中的な治療の具体案こそが、フカセの考える「育毛四天王」を揃えることであり、これこそが最強育毛ストラテジーの核となります。

 

育毛四天王

AGA治療を集中的にするに当たって大事な4つの要素を「育毛四天王」と呼ぶことにします。

これら4つの要素を揃えることで、最強の布陣が完成します。

成分ごとの育毛に対する役割を適切に理解し、それらを組み合わせていくことで4つの要素をバランスよく補うことこそが、僕の考える最強の育毛戦略(ストラテジー)です。

以下がその4つの要素と役割になります。

 ブロッカー:AGAの進行を抑制する守りの役割

 エンハンサー:育毛を促進する攻めの役割

 サポーター:育毛に必要な栄養を補給する補助の役割

 コンディショナー:健康な頭皮環境を保全する役割

これら4つの要素を揃えることが重要です。

それでは、ここからはこれら4つの役割を担うに値する、信頼できる治療薬や育毛剤etc.を紹介していきます!

ブロッカー(AGA進行抑制)

この役割を担う成分には主にフィナステリド、デュタステリド、ノコギリヤシエキス、キャピキシルなどがあります。

有名なものにはフィナステリドを含むプロペシアがありますね。

 

ブロッカーこそがAGA対策の基本中の基本であり、縁の下の力持ちです。

また、育毛四天王の中で最も安価に購入可能なのもブロッカーであり、経済的な負担もほとんどなく治療への導入が可能です。

以下がおすすめのブロッカーを担う医薬品です。

 

 フィナロ(FINALO)

フィナロ

プロペシアと同じ有効成分「フィナステリド」を同じ量(1 mg)含有しています。

フィナステリドはテストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に変換する酵素である5α-リダクターゼの2型を阻害することでAGAの進行を抑える作用を持ちます。

 

フィナステリド錠にはたくさんの種類がありますが、フィナロ(FINALO)の特徴はなんといってもその安さです。

現在、フィナステリド 1 mg錠の中で最も安いのがコチラになります。

オオサカ堂で3箱を同時に注文すると一日当たり約17円と非常にコスパがいいです。

 

フィナステリドは継続的に服用する必要があるのでできるだけ価格の安いものを選択し、他の育毛剤のためのお金を残しておくのが得策です。

 

 アボダート(Avodart)

アボダート

アボダート(Avodart)の有効成分はデュタステリド(0.5 mg)です。

デュタステリドはフィナステリドによく似た構造をしていますが、フィナステリドとは違い5α-リダクターゼの2型だけでなく1型も阻害します。

また、酵素への結合力も強いためフィナステリドよりもさらに高いAGA抑制効果をもちます。

 

値段は3箱購入した場合一日当たり約89円と、フィナステリドよりはその効果の高さの分割高になります。

ブロッカーとしてはアボダートをはじめから使用するのではなく、フィナステリドで十分な効果が得られなかった場合に使用することをおすすめします。

エンハンサー(育毛促進)

主に、ミノキシジルやピディオキシジル、リデンシル、成長因子などがこのエンハンサーに相当します。

育毛四天王の中でもこのエンハンサーが一番どれを使用するか悩むとともに、毛髪量の増加を目指すに当たって最も重要な役割になります。

 

また、ブロッカーは基本的に内服薬だけですが、エンハンサーには内服薬と外用薬があるのでそれらを併用することで更なる効果を得ることができます。

つまり、集中治療では内からも外からもエンハンサーで発毛へと働きかけることが効果的です。

なので、「薄毛回復の壁」を超える際は内と外で2種類使用します。

 

内服薬としては基本的にミノキシジルタブレットの一択となります。

 

一方、外用薬には市販の育毛剤も含め選択肢が非常に多いです。

その中でもミノタブと組み合わせることを考えると、下に紹介しましたフィンジアは有効成分ピディオキシジルがミノキシジルと作用機構がカブってしまいます。

ですので集中治療においては作用機構のカブらない、ミノタブとDeeper3D(キャピキシル×リデンシル×成長因子)を組み合わせての使用が効果的と考えられます

 

 ミノキシジルタブレット

ミノキシジルは長年使用されてきた発毛成分です。

発毛を促す効果をもっているもののAGAを抑制する作用はないので、AGA専門クリニックでもブロッカーのフィナステリドと併用されてよく使われています。

 

ミノキシジルには外用タイプと内服タイプがありますが、効果が高いのは内服タイプです。

一方で内服薬は毛髪にだけ選択的に作用するわけではなく、他の体毛(ムダ毛)に関しても濃くなってしまう可能性があるという点がデメリットです。

 

はじめてミノタブを使用する方は2.5 mg錠で一ヶ月様子を見ることをおすすめします。

問題がなければ次の月からは標準的な5.0 mg錠に変更しましょう。

ミノタブにも種類が多数ありますが、ラインナップに2.5 mg錠があり、かつ最安のシリーズはLloyd社のミノタブになります。

 

Lloydミノタブ2.5mg

 

 フィンジア(FINJIA)
フィンジア のコピー

フィンジアはミノキシジル誘導体であるピディオキシジルが配合されています。

ミノキシジルとピディオキシジルの構造は非常に似ているため、効果としても同等のものが期待されます。

 

一方でこのピディオキシジルは外用ミノキシジルの問題点であった痒みなどの副作用が起きにくいというメリットをもちます。

そのため、外用ミノキシジルを使用するよりは、こちらのフィンジア(FINJIA)を使用した方が副作用のリスクが低く快適に使用できるのでおすすめです。

また、ミノタブによる体毛の増加・硬毛化を避けたい、という方にもおすすめです。

 

ちなみに現在僕が使用中なのもフィンジアになります。(より詳しくフィンジアについて知りたい方はこちらの記事(【徹底検証!】フィンジア(FINJIA)の効果&使ってみた感想まとめ!)も参考にしてみてください。

 

 

 Deeper3D

Deeper 3D

Deeper3Dにはフィンジア(FINJIA)と同様の5 %キャピキシル(capixyl)、カプサイシンに加えてリデンシル(redensyl)という新育毛成分を含んでいます。

リデンシルはバルジ領域という場所に存在している幹細胞を活性化させ、細胞の自殺(アポトーシス)を抑制する作用があるため、ミノキシジルとは異なる方法で育毛を促進することができると考えられています。

 

Deeper3Dは、育毛剤の中でもかなり高価な部類に入ります。

それもそのはずで、この育毛剤の強みの一つは8種類の成長因子がきちんと推奨濃度配合されていることなのですが、この成長因子が非常に高価なのです。

ですので他メーカーでは推奨濃度以下しか配合せずに、価格を落としたりしています。

その点、Deeper3Dはそこをケチらずに配合していると明言しているので、下手に安い他社メーカーの成長因子入り育毛剤を使用するより効果は確実だと思います(`・ω・´)ゞ

 

ちなみに気になる値段に関してですが、Deeper3Dを最も割安で購入できるのは、6本まとめ買いです。

その場合には一本あたり10395円(税込)となり、フィンジアの最安値である9980円(税込)とも数百円の差しかありません。

6本購入するのは一度の出費としては大きいですが、3本セットだと15 % OFFにしかならないのに対し、6本だとその2倍の30 %OFFとなるので長い目で見るとこちらの方が断然お得です。

 

ちなみに公式サイトによると6本はきっちり6ヶ月分というわけではなく、長い場合1年もつようなので、ひと月当たりにするとむしろ他の育毛剤より安くなり得ます。

実際僕も6本セットを購入しました。(→詳しくはコチラの記事)

 

上の方でも書きましたが、Deeper3Dとミノタブの組み合わせが成分の組み合わせ的にエンハンサーとしては最強のタッグなので、毛髪量が増えずに現状維持にとどまっている人はこのタッグを試してみると解決する可能性が高いと思います。

 

 HairMax

最後に異色のエンハンサーをご紹介します。

それが、HairMax(ヘアマックス)です。

何が異色かというと、HairMaxは飲むのでも塗るのではなく照射します。

何を照射するかというと赤色レーザーです。

 

実は、ある光の波長には育毛を促進する効果があることが科学的に証明されておりまして、

ヘアマックスに関してはしっかりとした臨床試験が行われて信憑性の高い論文も出ています。

そしてFDA(厚生労働省のアメリカ版のような機関)からもその効果と安全性についてお墨付きをもらっています。

(より詳しいデータを知りたい方はコチラの記事をご覧ください)

 

HairMaxの非常に優れているポイントは3つあります。

① コストパフォーマンスが非常に高い

② 副作用の可能性が極めて低い

③ 飲む薬や塗る育毛剤との併用が可能

 

①についてですが、モデルにもよりますが大きな初期投資が必要です。

しかし、公式サイトによるとHairMaxは15~20年の耐久性を持ちます。

その点を考えると、一月当たりの金額はなんと数百円におさまってしまうのです!

効果が科学的に証明できていてランニングコストがこれだけ安い治療法は現状他にありませんので、このメリットだけでも十分に治療セットに取り入れる価値があると思います。

 

②についてはそのままですが、他のAGA治療薬と違い副作用が出る可能性がきわめて低いです。

なので、副作用を避けるためにAGA治療薬なしで治療を行う方にとってもメインウェポンとなり得ます。

 

③は地味に大きいメリットです。

多くの育毛剤が存在していますが、一度に複数種の育毛剤と頭皮に塗布することは推奨されません。

しかし、レーザーの照射であればそのような心配はありません。

究極的には、ミノタブ(内服)×育毛剤(塗布)×HiarMax(照射)という感じで、3つもエンハンサーを組み合わせることが可能となってしまうのです。

 

以上、総合的に見てこれから長期的にAGA治療を行っていく場合は早めに導入したいのがHairMaxということになります。

ちなみに僕はウルティマ12というモデルを購入して使用しております。(詳しくはコチラの記事に購入した際のことを書いてあります。)

サポーター(栄養補強)

いくらエンハンサーで育毛を促進しようとも、髪の毛をつくるための原材料が不足していると話になりません。

それを補うのがサポーターの役割です。

育毛には様々な栄養素が必要なので、それら単体のサプリメントを購入するよりも、それら栄養素を包括的に含んだ総合型の栄養サプリメントがお得です。

 

 Growth Project. サプリメントBOSTON

ボストン一箱

BOSTONサプリは育毛のためにだけ作られた栄養サプリメントです。

そのため、髪の毛の成長に有用な成分を20種類以上も詰め込まれています。

主な成分としては、亜鉛、イソフラボン、コラーゲンペプチド、L-シスチン、L-アルギニン、L-リジン塩酸塩etc.があります。

また、5α-リダクターゼ阻害効果をもつノコギリヤシエキスも入っているので、ブロッカーとしての役割も(フィナステリドに比べると弱いですが)兼任できます。

 

BOSTONサプリもサプリメントの中ではかなり値が張る方ですが、育毛に必要な各成分を別々のサプリメントとして購入した場合に比べると格段に安いです。

ですので、このような総合型サプリメントは一見高そうに思えますが結局は各成分単体で買うよりもお得になりますし、別々で買った場合に比べて飲む手間もかからないので使いやすいです。

 

 

 プレミアムリジン

プレミアムリジンは育毛に特に重要な栄養素であるL-リジンとL-アルギニン、亜鉛の栄養サプリメントです。

こちらは一日最大摂取量(4錠)当たりにL-リジンが1600 mg、L-アルギニンが40 mg、亜鉛が8 mg配合されています。

1本は200錠入りなので毎日4錠飲んだとしても50日、つまり1.5ヶ月分はあります。

さらに3本同時購入すると最大でも一日あたり26.4円という安さですので、継続しても負担が少ないです。(1本購入だと一日あたり39.6円)

含まれる栄養素の種類はBOSTONサプリには遠く及びませんが、コスパが非常によいので集中治療による薄毛回復後の毛髪量維持の際におすすめです。

コンディショナー(頭皮環境保全)

コンディショナーの役割は主にシャンプー(及びリンス)が担います。

正直、コンディショナーは「四天王の中では最弱」というポジションなので優先順位としては一番低いです

ただ、シャンプーまで揃えることで育毛へ向けた完璧な布陣が完成するので、ここまで揃えて損はないですし、AGAと併発しやすい脂漏性脱毛症の治療に関してはむしろシャンプーがメインウェポンになります

また、普段のシャンプーを変えるだけなので一番取り入れやすい要素といえるかもしれません。

 

 ケトコロストシャンプー

ケトコロストシャンプー&リンス

ケトコロストシャンプーはケトコナゾール(ニゾラール)という成分を含んでいます。

このケトコナゾールはAGAと併発しやすい「脂漏性脱毛症」の治療に用いられる成分です。

 

他にもケトコナゾールを含むシャンプーは存在しますが、ケトコナゾール特有のぱさつきやにおいが気になるものが多いです。

そんな中、こちらのケトコロストシャンプーには保湿成分であるコロストラムが入っているためぱさつきが抑えられており、においも気にならないように改善されているのでケトコナゾール入りのシャンプーの中で最も使用感が良いのがこれだと思います。

 

 

(育毛四天王番外編)AGA専門クリニック

これから治療を行うにあたってですが、治療が初めてという方はAGA専門クリニックに数か月通院した後に個人での治療に移行するとスムーズです。

もちろんAGA治療に絶対に必要かと言われるとそうではありませんが、無料カウンセリングを受けるだけでも結構メリットがあるので一度試しに行ってみても絶対に損はしないです。

また、この後に紹介する「個人輸入代行」を使った個人での治療をいきなりするのは不安!という方も、個人での治療に当たっての不安を解消できるまではクリニックに通ってみるのが精神衛生上良いかと思います。

不安が残ったまま個人で治療を行うのはストレスにもなり、育毛にもよい影響は与えないので^^;

AGA専門クリニックに通うメリット

  • 毛髪量の客観的評価をしてもらえる
  • 直接医師と話して疑問や不安を解決できる
  • AGA治療薬を使用可能か検査できる
 
AGA専門クリニックに通うデメリット

  • 費用が個人治療よりも高額
  • 人によっては通院が面倒
  • 知り合いに遭遇すると気まずい

ただ、上で示したメリットは無料カウンセリングと初診&血液検査だけでも全て享受できてしまうので、個人での治療に不安がない方や費用が気になる方は、継続的な通院はせずに一度だけ行ってみるというのも1つの手です。

下の2つがフカセのおすすめするAGA専門クリニックです。

 

 銀座総合美容クリニック

銀クリ

銀座総合美容クリニック、通称銀クリフカセが実際に1年通院したAGA専門クリニックです。

フカセ自身効果が実感できただけでなく、色々な疑問点も相談することで解決できたので自信をもっておすすめします。

 

銀クリの特徴は全体的に価格が抑えめであることです。

特に、「育毛メソセラピー」というAGA治療薬や成長因子を直接頭皮に注入する療法が他のクリニックより格安でうけることができます。

また、フカセが大学生であることを踏まえ、押し売りをせずにあまり金銭的に負担がないようなプランを考えてくれたという点でもポイントが高いです。

 

しかし決定的なデメリットもあります。

それは、新橋にしかクリニックがないために東京近郊の人でないと通院が困難という点です。

逆に言えば、通院がストレスなく可能な地域に住んでいる人であれば銀クリを選べば間違いないと思います。

 

 

 AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックは日本で最も規模の大きいAGA専門のクリニックです。

銀クリとは違い、全国展開しているために地方の人でも通いやすいというのが最大の利点です。

また、規模が大きいことからもこれまでに蓄積されてきた患者さんの治療データは膨大なので、経験に裏打ちされた信頼できる治療やアドバイスをうけられると思います。

 

東京近郊にお住みでない方はお近くにAGAスキンクリニックがないかチェックしてみましょう!

 

治療セットまとめ

以上、お話してきました育毛四天王をそろえた具体的な集中治療セットは下のようになります。

 ブロッカーフィナロ(FINALO)

 エンハンサーミノキシジルタブレット×Deeper3D×HairMax

 サポーターBOSTONサプリ

 コンディショナーケトコロストシャンプー

なお、場合によっては下のように変更すると良いと思います。

 1 mgフィナステリドで効果が不十分な方: 「フィナロ(FINALO)」→「アボダート(Avodart)」に変更
 体毛を絶対に濃くしたくない方: 「ミノタブ×Deeper3D」→「フィンジア(FINJIA)」に変更

価格については、Deeper3D、BOSTONサプリ、ケトコロストシャンプーに関してはその人の使い方次第でだいぶ使用量が変わるため一日当たりの価格が導き出しづらいのですが、

まとめ買い&平均的な使い方をすると上の6品を全て揃えても15000円以内に収まります。

この価格ならAGAクリニックに通って「フィナステリド」と「ミノタブ」だけ処方してもらった場合(15000~20000円程度)よりもむしろ安いくらいなので十分実現可能なのではと思います。

それに、上のセットはあくまで3~6ヶ月程度の集中治療期間(※もちろん個人差はあります)だけの話であって、月に1万円以上の出費がずっと続くわけではないので安心してください^^;

 

じゃあ薄毛回復後はどのようなセットにして月に何円ぐらいの出費におさえられるのか!?

となりますが、毛髪量維持には下のようなセットを提案します。

 ブロッカーフィナロ(FINALO)

 エンハンサーHairMax

 サポーターL-リジンプラス

 コンディショナーケトコロストシャンプー

これならなんと月に3000円以内におさまります!

このぐらいの出費なら負担が少ないので継続しやすいのではないでしょうか。

また、まだ年齢も若くAGA初期の方であれば、はじめからこのセットでの低コストな治療でも回復する可能性は十分あります。

ですので、「まだ大学生でそんなに薄毛治療に出費できない!」という方などは無理にDeeper3DやBOSTONサプリを使わないでコチラのセットで回復するかしばらく様子を見てみるのもアリです!

最後に

AGAは残酷な病気です。

この国ではハゲは笑いの対象とされますし、病気という認識はされていません。

しかし、薄毛になった本人は周りが思っている以上に心に傷を負い、日々悩んでいます。

 

「男性型脱毛症(AGA)は命にかかわる病気ではないが、人生が変わってしまう病気である。」

――――― 円形脱毛症患者の会パンフレットより一部改編

上はアメリカの円形脱毛症患者の会のパンフレットに載っていた文言をAGA版に改変したものですが、本当にこの文言は真理を突いていると思います。

薄毛になってからは、周囲の人の薄毛への認識もあいまって、自分に自信がなくなってしまい様々な活動に影響が出たり、性格まで内気なものに変わってしまう場合もあります。

薄毛を自虐ネタにできるぐらいの強いメンタルの持ち主なら話は別ですが、たいていの人は薄毛を心から受け入れることは難しいと思います。

そうした場合は今までの自分を取り戻すためにも、治療を行ったほうが前向きな人生を歩めることでしょう。

現に僕自身も薄毛が回復してからはむしろ以前よりも前向きになりました。

 

3

AGAをどうするのか。
治すのも、治さないのもあなたの自由です。

 

ただ、薄毛は刻一刻と、今現在も進行しています。

他の病気と同様、AGAも進行しきってからでは手遅れになります。

ですので、先延ばしせずに一日でも早く治療をはじめること、そして継続することが回復への近道です。

 

“薄毛を治す意思のある人”は今この時から治療開始への一歩を踏み出しましょう。

ここでの決断が後悔のないものとなるよう願っています。