プロペシアとジェネリックまとめ〜値段や効果・副作用は?〜

こんにちはフカセでございます(`・ω・´)ゞ

 

「プロペシア飲みたいけど月に10000円弱はかかるし高いんだよな〜、なんとか安く手に入る方法ねぇかな〜」

AGA治療をしているなら一度は思ったことがあるはず!

 

僕もはじめはAGA専門クリニックで院内調剤のフィナステリドをもらっていたのですが、月に7000円オーバーで正直学生の自分には厳しかったです。ミノキシジルなど他の治療薬も併用することを考えるとできるだけ安く抑えたいというのが本音でした^^;

そんなわけで格安で手に入るプロペシアorそのジェネリックの情報を探し始めました。

ちなみにこれから比較するものは、正確には正規のジェネリックではないものがほとんどですが、これは、基本的に特許の関係のために正規ではないというだけなので安心してください。

また、残念ながら全てのフィナステリドを含む内服薬を載せることは数が多くてできませんでしたが、主要なものは網羅しているのであしからず(;・∀・)

 

細かい話はいいから結論だけ見たいという方は「結局どれを選べばいいか?」のところだけ見て頂いても構いません!

医薬品の個人輸入代行

正規のプロペシアを買うにしろ、ジェネリックを買うにしろ一番安く手に入れられるのは個人輸入代行サービスを利用する方法です。

医薬品の個人輸入代行サイトで最も有名なのがオオサカ堂です。恐らく薬を格安でゲットしているほとんどの人はこちらを利用していると思います。

 

個人輸入代行と聞くと、偽薬が混じっている危険性があるんじゃないか?と不安になる方もいると思いますが、オオサカ堂では成分鑑定を行なっており、成分鑑定書も提示されているのでその辺の心配はいらないと思います。

事実、オオサカ堂は個人輸入代行の老舗であり、特に大きなトラブルがあったという事例もありませんし、レビューを見ていても高評価ばかりであるので、偽薬をつかまされるということはまずあり得ないと思います。

 

・・・しかし、個人輸入には様々な危険も伴います。

その危険性を十分に理解された方のみ自己責任でお願いします!

 

個人輸入に伴うリスクを避けたい方はこの記事でも述べますが正規ジェネリックのフィナステリド錠や院内調剤薬をAGA専門病院で処方してもらうのが安くてかつ不安もないと思うので良いと思います。

プロペシア(Propecia)

プロペシア

フィナステリド系医薬品のルーツ、プロペシア

あまりにも有名なので説明はもういらないという方も多いかもしれませんね笑

プロペシアはメルク社が販売しており、特許ももっています。
日本だとMSD社から販売されておりますが、MSD社はメルク社の日本支部といった感じです。

医薬品個人輸入代行サービスを行なっているオオサカ堂では、海外版(アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド版etc.)のプロペシアが購入可能であり、海外版はメルク社から販売されていますが結局のところMSD社との違いはないため海外版と日本版で成分に違いがある訳ではありません。

プロペシアはやはり個人輸入代行で購入しても、フィナステリド系医薬品の中では一番割高なので正直買うメリットはあまり感じません。

確かに長年の使用実績があるため信頼感はありますが、今では他のジェネリックも十分に使用実績があると言えるので、実績の面でのメリットもあまりなくなってきています。

これ以降、紹介の最後にオオサカ堂での価格情報(2016年6月6日現在)を載せることにします。
※この記事では、医薬品名、フィナステリド含有量、一箱あたりの錠数×箱数、トータルの価格、一日あたりの価格、という順に書くことにします。

オオサカ堂では基本的にどの薬でもまとめ買いをすると割安になりますので、まとめ買いをした場合の価格も載せましたヽ(´ー`)ノ
なお、結構価格は変動してしまうので、購入する際はリンク先で現在の価格を再確認するようお願いします^^;

 

プロペシアの価格情報

プロペシア(アメリカ版) 1mg (100錠×1) 5101円→51.01円/日
プロペシア(アメリカ版) 1mg (100錠×2) 9981円→49.91円/日
プロペシア(アメリカ版) 1mg (100錠×3) 14640円→48.80円/日

プロペシア(オーストラリア版) 1mg (100錠×1) 4252円→42.52円/日
プロペシア(オーストラリア版) 1mg (100錠×2) 7945円→39.73円/日
プロペシア(オーストラリア版) 1mg (100錠×3) 11846円→39.49円/日

プロペシア(ニュージーランド版) 1mg (100錠) 10092円→100.92円/日
プロペシア(ニュージーランド版) 1mg (100錠) 10092円→100.92円/日
プロペシア(ニュージーランド版) 1mg (100錠) 10092円→100.92円/日

 

プロペシア(アメリカ版)1mg
プロペシア(オーストラリア版)1mg
プロペシア(ニュージーランド版)1mg

フィンペシア(Finpecia)

フィンペシア

フィンペシアはプロペシアのジェネリックの中で最も古株です。

そのため、多くの人に利用されてきておりその効果もお墨付きですし、値段もプロペシアに比べて格段に安いです。

フィンペシアはインドにあるシプラ社から販売されています。

シプラ社はインドで二番目に大きく、世界的にもジェネリック医薬品を製造する製薬会社として有名です。

なぜ特許が切れる前に同成分を含む医薬品を製造できたかというと、インドは2004年まで医薬品特許に関する条約に加入していなかったためであり、この他のジェネリックについてもインドの製薬会社で製造されているものばかりです。

ここから余談ですが、以前まで同じくシプラ社からエフペシアというものも販売されていたのですが、今はフィンペシア一本となりエフペシアについては取り扱い停止となりました。

え、なんで同じ会社が二種類もプロペシアのジェネリック出す必要あんの?って思いますよね。僕もはじめ謎でした。

が、調べてみると謎は解けてきました。
昔はフィンペシアのコーティングにキノリンイエローという物質が使われていたのですが、発ガン性が疑われたために日本ではキノリンイエローを規制する動きがあったようです。

そこで、日本用にキノリンイエローフリーなタイプのフィンペシアを製造し、それをエフペシアと名付けたようです。

しかし今ではフィンペシアも結局キノリンイエローフリーとなったためエフペシアが消え、フィンペシアのみとなったというわけです(;・∀・)笑

 

フィンペシアの価格情報

フィンペシア 1mg (100錠×1) 2861円→28.61円/日
フィンペシア 1mg (100錠×2) 5002円→25.01円/日
フィンペシア 1mg (100錠×3) 7087円→23.62円/日

 

フィンペシア(Finpecia)1mg

フィナロ(FINALO)

フィナロ

フィナロはインドのIntas Pharmaceuticals社から販売されています。

フィナロの売りはなんといっても、フィナステリドを1 mg含有しているジェネリックの中で最安であるという点です!!

上で、フィンペシアがプロペシアよりも格段に安いと言いましたがフィナロはそれよりもさらに安いですヽ(´ー`)ノ

そのため、僕も今まではフィンペシアを利用していたのですが、こちらに途中で乗り換えました

 

フィナロの価格情報

フィナロ 1mg (100錠×1) 2329円→23.29円/日
フィナロ 1mg (100錠×2) 3660円→18.30円/日
フィナロ 1mg (100錠×3) 5323円→17.74円/日

 

フィナロ(Finalo) 1mg

プロスカー(Proscar)

プロスカー

プロスカーはプロペシアと同じくメルク社から販売されていますのでジェネリックというわけではありません。単にフィナステリド含有量が異なるだけで、プロペシアと同列の正規品です。

その含有量ですが、なんと1錠につき5 mgのフィナステリドが含まれています。

通常のフィナステリド錠は1 mgですので、5倍もの量入っていることになります。

ただ、フィナステリドに関してはたくさん服用すればするほど効果があるわけではありません。実際、0.2 mg錠も国内で売られていますが、臨床試験の結果0.2 mgと1 mgのものを比べても効果に大差はないとわかっています。

ですので、プロスカーに関してはピルカッターで4分割に切断するなどして服用することになります。

プロスカーのメリットは、ピルカッターで分割する手間がかかる分、コスト面では非常に優秀な点です。

ピルカッターはこのようなものを用いれば大丈夫です。→ピルカッター

 

プロスカーの価格情報

プロスカー 5mg (28錠×1) 2975円→26.56円/日
プロスカー 5mg (28錠×2) 4392円→19.61円/日
プロスカー 5mg (28錠×3) 5808円→17.29円/日

 

プロスカー(Proscar)5mg

フィンカー(Fincar)

フィンカー

パッケージを見てもらえばわかると思いますが、フィンカーもフィンペシアと同様にシプラ社が販売しているフィナステリド錠です。

こちらはプロスカーのジェネリックという位置づけになります。

つまり、フィナステリド含有量が5 mgです。

ですので、プロスカーと同様にピルカッターで分割して服用しましょう。

プロスカーよりもさらにコストパフォーマンスがよく、今のところフィナステリド系列の医薬品で一日あたりの金額が最安になるのはフィンカーですヽ(´—`)ノ

 

フィンカーの価格情報

フィンカー 5mg (30錠×1) 2362円→19.68円/日
フィンカー 5mg (100錠×1) 4026円→10.07円/日

 

フィンカー(Fincar)5mg

フィナステリド錠「ファイザー」

SONY DSC

冒頭でもちらっと述べましたが、プロペシアの正規ジェネリックとしてファイザーから『フィナステリド錠「ファイザー」』が登場しました。

ちなみに他にも沢井製薬から発売されたフィナステリド錠「サワイ」やクラシエから発売されたフィナステリド錠「クラシエ」も正規ジェネリックですが、これらはファイザーのものに比べてあまり普及していないように思います。

正規ということで、こちらは厚生労働省からもちゃんと国内での製造販売の承認を取得しています。

ファイザーは世界の製薬企業の中でも常にトップ争いをしているような超強い製薬企業なのでご存知の方も多いはずヽ(´—`)ノ

こちらに関しても0.2 mgと1 mgの2タイプあります。

ただ、これに関しては個人輸入代行で購入することができません

ですので、AGA専門クリニックなどでこのフィナステリド錠を取り扱っているところに行く必要があります。

例えばこの正規ジェネリックを扱っているAGA専門クリニックにはAGAスキンクリニックがあります。

正直、値段的には他のジェネリックには劣るので、AGA専門病院での診断も兼ねたい方や、個人輸入代行はちょっと不安だ、という方が利用するのがよいかと思います。

事実、不安を抱えたままAGA治療を行うのは精神的にも髪の毛にも良くないです。プラセボ効果やノセボ効果がある以上、そういった不安を消すことが難しい場合は自分が安心できる手段をとることが最善です。

 

フィナステリド錠「ファイザー」の価格情報

AGAスキンクリニックの場合 (28錠×1) 6000円→214.3円/日
なお、初回のみ4200円。

 

コスパランキング

2016年6月6日現在のオオサカ堂での価格を比較してみました(`・ω・´)ゞ

一日当たりの費用が安い順に並べると、下のようになります。(ただし、フィナステリドを5 mg含むフィンカーとプロスカーは4分割にして1日に1分割分ずつ服用するものとして計算しました。)

一日当たりのコスパランキング

 フィンカー 最安10.07円/日
 プロスカー 最安17.29円/日
 フィナロ 最安17.74円/日
 フィンペシア 最安23.62円/日
 プロペシア(オーストラリア版) 最安39.49円/日

ちなみに、上はまとめ買いをした時の最安値を記載しており、まとめ買いをしない場合値段が変わりますがこのコスパの順位は変動しません

まとめ買いに関してちょっとコメントしておくと、たしかにお買い得ではあるのですがデメリットもあります。

例えばフィンカーの最安を狙った場合、一度に400日分もの量が来ますので、最後まで安定して服用するには保存方法には気をつけないといけません!

逆に保存が不安だという場合や、途中で治療方針を変える(フィナステリド服用をやめる)予定のある人は、あまり大容量のものは安いといえど避けた方が結果的にはお得になるかもしれません(`・ω・´)ゞ

ケースバイケースで量は調整しましょう!

効果と副作用に関して

効果に関してですが、基本的に大きな違いはありません

副作用に関しても同様です。

ただ、5 mgフィナステリド含有錠を自分でピルカッターで切断した場合は、服用量や質にズレが出てくる可能性もあるのでこの限りではありませんが、よほどバランスの悪い分割の仕方や悪い保存の仕方をしない限りは大丈夫だと思います笑

あまりに安い薬だと、本当に効くのか不安になってしまうのが人間の性だと思います。

僕も今まで一日数百円だったものが数十円で手に入るとわかったとき、何か裏があるんじゃないか!?なんて疑ってしまいました(;・∀・)笑

ですが、自分自身これらのジェネリックを使用し続けていて特に不満は感じていませんし、何より本当に効果のない医薬品ならこんなにも長く売り続けられていないと思います。

ですので、正規品のプロペシアと比べて安すぎるからといって身構える必要はないということですね(`・ω・´)b

結局どれを選べばいいか?

プロペシアは正規ジェネリックが出たことにより、フィンペシアはフィナロが出たことにより、選ぶメリットがなくなってしまった気がします。

また、正直AGAクリニックに行くことができるならわざわざプロペシアジェネリックを処方してもらうより院内調剤のものを処方してもらった方が安く済むと思いますので、そちらも視野に入れてみてください。

 

結局のところどれを選ぶべきかですが、下のような判断基準で選べばいいのかなと個人的には感じています。

 個人輸入代行は不安→AGAスキンクリニックでフィナステリド錠
 安くて便利なものがいい→フィナロ(Finalo)1mg
 手間はかかってもとにかく安さ最優先!→フィンカー(Fincar)5mg 100錠

ただなんだかんだ言って僕的には一番フィナロが使いやすいなと思っています。

フィンカーを分割するのは確かに安いのですが、ピルカッターで均一に分割するのが難しかったり、保存の仕方によっては分割した部分から湿気りやすくなったりと安定な服用ができるかがちょっと疑問です。

それに、分割した際に出る微小な粉末が女性の体内に入ってしまうと正常な子供が産めなくなってしまう危険性があるので、安全性の面でも分割は可能な限りしない方がいいです。

 

そういう意味でもフィナロが一番面倒くさくないし安全な選択だな、という印象をもっています。

ただ、度々言いますが個人輸入には危険も伴いますのでお金に余裕のある方はより信頼性の高いクリニックやなど医療機関での処方をおすすめします!

 

この記事が少しでもあなたのAGA治療薬選びの参考になれば幸いですヽ(´ー`)ノ

コメントを残す