【女性版】最強育毛ストラテジー

3ヶ月以内に

90 %以上の確率で

女性の薄毛を改善するための最強の戦略

 

それが「【女性版】最強育毛ストラテジー」です。

3
こんにちは若ハゲ東大生のフカセです(`・ω・´)ゞ

まずはこのページをご覧頂きありがとうございます。

このページでは、僕自身のAGA治療の経験や書籍・論文などで学ぶことで得た知識から導き出した女性の薄毛のための最強の育毛戦略をご提案したいと思います。

巷には色々な育毛剤や治療法があふれすぎていて一体どれを選べばいいのかわからないという方に、これからどのように薄毛治療を進めていくかを考える一助となれればと思います。

育毛業界の闇

2
本題の育毛戦略に入る前にひとつ。

薄毛は人には中々相談できないデリケートな悩みです。

残念なことに、こういったコンプレックスを食い物にしている悪徳な業者が育毛業界には少なからず存在しています。

薄毛を治療したいと本気で願う人達がそういった会社のカモになっている現状には非常に腹が立ってなりません。(僕も効果が全く感じられない育毛剤を使っていた時期があったので正直個人的にも腹が立っています。)

薄毛に悩んでいる同士には、効果のない商品を買ってお金を失うばかりか髪の毛も失う、という結果になってほしくはありません。

もちろん全てが悪徳業者かというとそんなことはないので、僕自身が使用してきたり、あるいは配合されている成分についての論文を読んだ中で女性の薄毛に効果があると確信しているものについて、ここでは紹介したいと思います!

 

効果的な治療の進め方

下のグラフは僕の考える薄毛治療の難易度を表した図です。

上にいくほど難しく、それと同時により多くのお金も必要になります。

図の通り難易度は「薄毛回復>>薄毛回復後の毛髪量維持>薄毛のままでの毛髪量維持」となります。

薄毛治療エネルギー図

当然といえば当然ですが、薄毛の進行を止めて現状維持をするよりも、そこからさらに育毛・発毛させていくことはエネルギーのいることです。

ですので、毛髪量を今の状態より改善する際には集中的な治療が必要となります。

 

一方で、一度薄毛を克服すればその後は維持に専念すればよく、使用する育毛剤等も最小限にしてコストダウンが可能です。

しかし、もちろんここでも手を抜きすぎると再び薄毛治療の壁を超える前の”薄毛の状態”に逆戻りしてしまうので要注意です!

なぜなら現状維持についても薄毛治療後の状態で維持する方が、治療前の状態で維持するよりもエネルギーのいることだからです。

 

というのも、薄毛が改善した状態というのは“仮に治療をせずに放っておいたら抜けてしまう部位にも髪の毛が生えている状態”だからです。

そのような”薄毛になりやすい部位”にも髪の毛を維持しておくことは、治療をしなくても生えていた部位、つまりは”薄毛になりにくい部位”の髪の毛を維持するより難しいことは想像にかたくないと思います。

(ただ女性の場合はびまん性脱毛といって、頭全体的に薄毛が発症する場合もありますので、特別“薄毛になりやすい部位”が存在しないというケースもありますが。。。)

 

まとめますと

1

薄毛治療においては、まずはこの「薄毛の壁を乗り越えられるかどうかが勝負」となります。

薄毛対策を行っているけども成果が挙がっていない人の中には、「まずこの育毛剤を試してダメだったから、次はこの育毛サプリメント・・・」などとひとつずつしか試していない人が多いです。

かかる費用も少なくて一見合理的に見えるかもしれませんが、効果がなければお金をドブに捨てているのと変わりません。

単品での使用を続けていると、いつまでたっても上の図の「薄毛回復の壁」を乗り越えることができず、しまいには何をやっても無駄なんだと薄毛治療自体をあきらめてしまうことになりかねません。

この「薄毛回復の壁」を乗り越えるための集中的な治療の具体案こそが、フカセの考える「育毛四天王」を揃えることであり、これこそが最強育毛ストラテジーの核となります。

 

育毛四天王

AGA治療を集中的にするに当たって大事な4つの要素を「育毛四天王」と呼ぶことにします。

これら4つの要素を揃えることで、最強の布陣が完成します。

成分ごとの育毛に対する役割を適切に理解し、それらを組み合わせていくことで4つの要素をバランスよく補うことこそが、僕の考える最強の育毛戦略(ストラテジー)です。

 

以下がその4つの要素と役割になります。

 ブロッカー:薄毛の進行を抑制する守りの役割

 エンハンサー:育毛を促進する攻めの役割

 サポーター:育毛に必要な栄養を補給する補助の役割

 コンディショナー:健康な頭皮環境を保全する役割

これら4つの要素を揃えることで薄毛の壁を乗り越えていきます。

 

それでは、ここからはこれら4つの役割を担うに値する、信頼できる治療薬や育毛剤etc.を紹介していきます!

ブロッカー(薄毛進行抑制)

1つ目の役割であるブロッカーに関しては、男性版の最強育毛ストラテジーにおけるブロッカーとはやや意味合いが異なります。

男性の薄毛治療においてはプロペシアといった男性ホルモンの作用をブロックするための医薬品を使用することができ、それをブロッカーと呼んでいました。

 

しかし、女性の場合はプロペシアは禁忌です。(これから子どもを産む可能性がない方であれば服用は可能ではありますが)

 

なので、女性版のブロッカーとしては間接的に薄毛を進行しにくい状態にすると考えられる育毛剤を選出しました。

少なくとも毛量の現状維持は可能であると考えられる比較的マイルドな育毛剤、とも言えます。

もちろん、ハマればここでご紹介する育毛剤でも現状維持以上の改善効果が得られることも期待できます。

 

 薬用ハリモア

最初に紹介するのは、薬用ハリモアです。

こちらは3つの有効成分(センブリエキス・ニンジンエキス・グリチルリチン酸2K)を主力としたバランス型の女性用育毛剤です。

頭皮に負担をかけないことを意識しており、敏感肌・乾燥肌の方にも向いています。

 

低刺激&天然育毛成分の王道的な育毛剤なので、

最近薄毛になってきたかも・・・?という方が初めて試す育毛剤として広く薦められます。

 

逆に言うと、王道がゆえに成分面にはあまりユニークさはありません。

ただ、数ある女性用育毛剤の中でも成分とコストパフォーマンスの面で非常に優秀であるためブロッカーの候補として選抜しました。

また、購入者のリピート率が99.7 %という驚異の値であることから使用者の満足度も高く、安心して使える点も良いポイントです!

 

バランスのよい無難な女性用育毛剤なので、

薄毛対策をしたいけれど何を使えばいいかわからないという方はまずこのハリモアから始めてみてはと思います!

 

 リジュン(RiJUN)

リジュン(RiJUN)は最新のスカルプ成分であるリデンシルとフルボ酸を主力の成分とした女性用スカルプエッセンスです。

リデンシルはかなり最近登場した成分なのですが、既に男性用スカルプエッセンスには配合されてきており、僕自身もその育毛剤を使用し効果を体感しています。

 

もう一つの主力成分であるフルボ酸は、ミネラルなどの金属と安定に結合し(専門的にはキレートといいます)、頭皮への浸透力を向上させることができます。

なのでフルボ酸については栄養を運搬するサポート的な役割といえます。

 

また、リジュンではこの他にも72種に及ぶ多くの成分が配合されているのですが、

それらはナノ化を施されているのでその他成分についても浸透性が高いと思われます。

 

気になる価格は、定期コースを選べば価格は4980円(税込)と良心的です。

しかも初回は半額の2980円(税抜)なので気軽に試すことができるのも魅力です。

 

そして、リジュンのすごいところは定期コースを選んでも一度の配送でストップすることも可能だという点です!

他の育毛剤の定期コースでは値段が安くなるかわりに3ヶ月の継続が必要だったりするのですが・・・太っ腹ですね。

 

配合成分はハリモアとだいぶ違うのですが、こちらはAGA治療にも使えるリデンシルが配合されているということで、FAGA(女性男性型脱毛症)の方に特におすすめです。

 

 

エンハンサー(育毛促進)

エンハンサーは毛量を現状よりアップさせるために欠かせない要素です!

 

なのでここではブロッカーとしてご紹介した育毛剤と比べて、

発毛促進により重きが置かれているものをエンハンサーとして選出しました。

 

 

 リアップリジェンヌ

ご存知、リアップを女性用に改良して作られたのがリアップリジェンヌです。

ミノキシジルという発毛促進効果のある成分が主力成分です。

 

ミノキシジルは臨床試験のデータも豊富であり、多くの人が比較的早くに薄毛改善効果を得られると思われます。

 

一方で、その効果の高さゆえに他のマイルドな育毛剤と比較すると副作用(かゆみや炎症など)の可能性は少し上がってしまいます。

 

なので、頭皮にやさしい育毛剤を使いたい方の場合はブロッカーとして紹介したハリモアやリジュンを使用した方がいいです。

その場合、エンハンサーとしては次に紹介するHairMaxを導入するのがおすすめです。

 

 HairMax

HairMax(ヘアマックス)は異色のエンハンサーです。

なぜ異色かというと、HairMaxは飲むのでも塗るのでもなく赤色レーザーを照射するレーザー照射装置なのです!

下の写真のように赤色のレーザーが出ます。

実は、ある光の波長には育毛を促進する効果があることが科学的に証明されておりまして、

ヘアマックスに関してはしっかりとした臨床試験が行われて信憑性の高い論文も出ています。

そしてFDA(厚生労働省のアメリカ版のような機関)からもその効果と安全性についてお墨付きをもらっています。

(より詳しいデータを知りたい方はコチラの記事をご覧ください)

 

HairMaxの非常に優れているポイントは3つあります。

① コストパフォーマンスが非常に高い

② 副作用の可能性が極めて低い

③ 飲む薬や塗る育毛剤との併用が可能

 

①についてですが、ヘアマックスのモデル(3種類あります)にもよりますが初期投資は大きめです。

しかし、公式サイトによるとHairMaxは15~20年の耐久性を持ちます。

その点を考えると、一ヶ月当たりの金額はなんと数百円におさまります!

効果が科学的に証明できていてランニングコストがこれだけ安い治療法は現状他にありませんので、このメリットだけでも十分に治療セットに取り入れる価値があると思います。

 

②についてはそのままですが、他の薄毛治療薬(例えば上で紹介したミノキシジル)と違い副作用が出る可能性がきわめて低いです。

なので、副作用を避けるために治療薬なしで治療を行う方にとってもメインウェポンとなり得ます。

 

最後の③も地味に大きいメリットです。

多くの育毛剤が存在していますが、成分が混ざってしまうために一度に複数種の育毛剤を頭皮に塗布することは推奨されていません。

 

しかし、レーザー照射であればそのような重複の心配はありません。

つまり、ハリモア(ブロッカー)とリアップリジェンヌ(エンハンサー)はどちらも頭皮に塗布するタイプの育毛剤なので併用が難しいですが、

ハリモア(ブロッカー)とHairMax(エンハンサー)は併用が可能ということですね。

 

以上、総合的に見てこれから長期的に薄毛治療を行っていく場合は早めに導入したいのがHairMaxということになります。

なお、HairMaxはもともと男性ではなく女性の薄毛解消のために作られ承認されたという点でも、女性の薄毛治療には効果を発揮しやすいと思います。(その後、男性に対しても効果があることは確かめられています。)

 

ちなみに僕はウルティマ12というモデルを購入して使用しております。(購入した際のことはコチラの記事に詳しめに書いてあります。)

 

サポーター(栄養補強)

いくらエンハンサーで育毛を促進しようとも、髪の毛をつくるための原材料が不足していると話になりません。

それを補うのがサポーターの役割です。

育毛には様々な栄養素が必要なので、それら単体のサプリメントを購入するよりも、それら栄養素を包括的に含んだ総合型の栄養サプリメントがお得です。

 

 ルグゼバイブ

パントガール(Pantogar)という女性用育毛サプリメントがあります。

パントガールは女性の薄毛に非常に効果的であることが確かめられており、育毛クリニックなんかでもよく処方されています。

 

そしてこのパントガールと同成分を同じ量配合し、さらに馬プラセンタとコロストラムという美容成分を追加したのがルグゼバイブです。

 

男性の薄毛の場合は、育毛に必要な栄養を取っただけではどうにもならないことが多いです。

しかし女性の場合、薄毛の種類によってはこのサプリメントだけでも劇的に回復する方もいるようです。

実際、ルグゼバイブの元となったパントガールはきちんと薄毛に対する効果の検証がされているので信頼性は抜群です。
(ちなみに下のボタンのリンク先の口コミを見て頂くとわかりますが、髪の毛以外の体調などの面にも好影響があるようです)

 

栄養サプリメントですので、特に副作用の心配もないという点も非常に安心です^^

安心して治療ができるという面で、ルグゼバイブは女性の育毛における非常に心強い味方になってくれると思います!

 

なお、ルグゼバイブは人気のため品薄の場合もあるので、その場合はパントガールの方もチェックしてみて下さい!(美容成分の有無という違いはありますが、薄毛に対する効果はルグゼバイブと大差はないです。)

 

コンディショナー(頭皮環境保全)

コンディショナーの役割は主にシャンプー(及びリンス)が担います。

正直、コンディショナーは「四天王の中では最弱」というポジションなので優先順位としては一番低いです。

ただ、シャンプーまで揃えることで育毛へ向けた完璧な布陣が完成するので、ここまで揃えて損はないですし、脂漏性脱毛症の治療に関してはむしろシャンプーがメインウェポンになります

また、普段のシャンプーを変えるだけなので一番取り入れやすい要素といえるかもしれません。

 

 haru黒髪スカルププロシャンプー

haru 黒髪スカルプ・プロは天然成分にこだわった非常に低刺激なシャンプーです。

このシャンプーの優れているところはリンスがいらないところです!

なので、コストパフォーマンスもかなり高くなります^^

 

ちなみに僕も現在使っていて、使用感には大満足しています(`・ω・´)ゞ

(レビューはこちらの記事→haruシャンプーは薄毛の男性にも効果的?〜口コミや使った感想まとめ〜

 

なお、大前提としてシャンプーで育毛に好影響を与えることは中々難しいのですが、悪影響を与えてしまうことは多々あります。(例えば頭皮への刺激が強すぎたり、洗浄成分が毛穴に残りやすかったりなど)

ですので、コンディショナーの役割としても頭皮に悪影響のないシャンプーを選ぶことが大切です。

そしてそう考えた際に、低刺激で頭皮に負担をかけない優しいシャンプーであるharuシャンプーを推薦いたします(`・ω・´)ゞ

 

 コラージュフルフルネクストシャンプー

コラージュフルフルネクストシャンプーは製薬会社が開発したシャンプー・リンスで脂漏性脱毛症の方に特におすすめしたい商品です。

 

脂漏性脱毛症はマラセチア属真菌(フケ原因菌)というカビの一種が原因となり引き起こされます。

このマラセチア菌を駆除することができるのがアゾール系抗真菌薬です。

そしてコラージュフルフルネクストシャンプー・リンスには、このアゾール系抗真菌薬の一種であるミコナゾール硝酸塩という成分が配合されています。

そんなわけで、脂漏性湿疹が原因により引き起こされる脱毛症にこのシャンプーはもってこいという訳ですね!

 

頭皮が脂っぽい方用の「すっきりさらさらタイプ」と乾燥肌の方用の「うるおいなめらかタイプ」の2種類がありますので、肌質に合わせて選択ができるのも良いポイントです(`・ω・´)ゞ

(育毛四天王番外編)薄毛治療クリニック

これから治療を行うに当たってですが、治療が初めてという方は女性の薄毛専門のクリニックに数か月通院した後に個人での治療に移行するとスムーズです。

もちろん薄毛治療に絶対に必要かと言われるとそうではありませんが、無料カウンセリングを受けるだけでも結構メリットがあるので一度試しに行ってみても絶対に損はしないです。

また、この後に紹介する「個人輸入代行」を使った個人での治療をいきなりするのは不安!という方も、個人での治療に当たっての不安を解消できるまではクリニックに通ってみるのが精神衛生上良いかと思います。

不安が残ったまま個人で治療を行うのはストレスにもなり、育毛にもよい影響は与えないので^^;

薄毛治療クリニックに通うメリット

  • 毛髪量の客観的評価をしてもらえる
  • 直接医師と話して疑問や不安を解決できる
  • 薄毛の治療薬を使用可能か検査できる
 
薄毛治療クリニックに通うデメリット

  • 費用が個人治療よりも高額
  • 人によっては通院が面倒
  • 知り合いに遭遇すると気まずい

ただ、上で示したメリットは無料カウンセリングと初診&血液検査だけでも全て享受できてしまうので、個人での治療に不安がない方や費用が気になる方は、継続的な通院はせずに一度だけ行ってみるというのも1つの手です。

女性の薄毛治療を専門に取り扱っているクリニックを下にご紹介します!

 

 表参道スキンクリニック

表参道スキンクリニックは美容皮膚科の総合クリニックです。

このクリニックの中にヘアジニアス(HAIR GENIUS)専門クリニックという女性の発毛を専門に取り扱うクリニックが含まれています。

 

“表参道”スキンクリニックという名前からも察せられますが、

本院は表参道にあります。

しかし、現在は表参道以外にも名古屋・大阪・福岡・沖縄と全国で5つのクリニックがあります。

ですので、地方在住の場合でもこのどれかには比較的近いのではないかと思います。

このクリニックではオーダーメイド処方といって、一人ひとりの状態に合わせた処方を行うのが特徴です。

主にミノキシジルやアミノ酸、ビタミン、ミネラルを独自の配合技術で組み合わせているとのことです。

カウンセリングは無料でうけられますので、育毛初心者の方は情報収集の場としても有効活用してみてください(`・ω・´)ゞ

治療セットまとめ

以上、お話してきました育毛四天王をそろえた具体的な集中治療セットは下のようになります。

 ブロッカー薬用ハリモア

 エンハンサーHairMax

 サポータールグゼバイブ

 コンディショナーharu 黒髪スカルプ・プロ

こちらが一番ベーシックな形となります。

 

そして、場合によっては下のように変更すると良いと思います。

 FAGA(女性男性型脱毛症)が疑われる方: 「薬用ハリモア」→「リジュン(RiJUN)」に変更
 より発毛促進に力を入れたい方: 「薬用ハリモア」→「リアップリジェンヌ」に変更
 脂漏性脱毛症が疑われる方: 「haru黒髪スカルプ・プロ」→「コラージュフルフルネクスト」に変更

 

シャンプーは使用量に個人差がありますし、HairMaxも使用期間によってランニングコストが変わるので一概には言えないのですが、

上記のベーシックなセットは4つ全て揃えても一ヶ月当たり12000~13000円程度です。

 

これは、クリニックに通院した際に育毛サプリ(パントガール)を処方してもらうだけで10000円〜13000円もかかってしまうことを考えると破格の安さになっているのがわかるかと思います。

お財布にもやさしく、より高い効果が見込める治療法として上記の治療セットを推薦いたします(`・ω・´)ゞ

最後に

「髪は女の命」

これは今も昔も変わらない価値観のひとつだと思います。

十二単を着た姫たちが髪を長く伸ばし、

様々な方法で美しい髪を保てるような努力をしていた平安時代。

今ではたくさんの髪型がうまれ、おしゃれの幅も広がりました。

また、ツヤやコシのある髪の毛は若さの象徴でもあります。

 

そんな髪の毛を美しく保ちたいというのは世の女性の共通の価値観でしょう。

ですので、女性が美しい髪の毛を失うということは耐え難いことだと思います。

 

 

しかし、薄毛は残酷な病気です。

この国では薄毛は笑いの対象とされますし、病気という認識はされていません。

しかし、薄毛になった本人は周りが思っている以上に心に傷を負い、日々悩んでいます。

「女性の薄毛は命にかかわる病気ではないが、人生が変わってしまう病気である。」

――――― 円形脱毛症患者の会パンフレットより一部改編

上はアメリカの円形脱毛症患者の会のパンフレットに載っていた文言を改変したものですが、本当にこの文言は真理を突いていると思います。

 

薄毛になってからは、周囲の人の薄毛への認識もあいまって、自分に自信がなくなってしまい様々な活動に影響が出たり、性格まで内気なものに変わってしまう場合もあります。

薄毛を自虐ネタにできるぐらいの強いメンタルの持ち主なら話は別ですが、たいていの人は薄毛を心から受け入れることは難しいと思います。

そうした場合は今までの自分を取り戻すためにも、治療を行ったほうが前向きな人生を歩めることでしょう。

現に僕自身も薄毛が回復してからはむしろ以前よりも前向きになりました。

 

3

薄毛をどうするのか。
治すのも、治さないのもあなたの自由です。

 

ただ、薄毛は刻一刻と、今現在も進行しています。

他の病気と同様、薄毛も進行しきってからでは手遅れになります。

ですので、先延ばしせずに一日でも早く治療をはじめること、そして継続することが回復への近道です。

 

“薄毛を治す意思のある人”は今この時から治療開始への一歩を踏み出しましょう。

ここでの決断が後悔のないものとなるよう願っています。