緊急事態宣言で外出自粛中の今はAGA治療を開始するのに最適?

ご無沙汰しておりますフカセでございます(`・ω´)

超絶期間が空いてしまったわけですが、、

昨今のコロナの影響で自分も研究を進めることができず自宅に籠もっております。

研究室での実験ができないこの状況なので

論文読んだりとかデータまとめたりだとかしてはいるものの、

さすがに実験しながらの時期に比べると余裕があるということで久しぶりに記事の更新です。

昨今の外出自粛の状況を踏まえて少し思ったことがあったので記事にしてみました!

外出自粛期間の隠されたメリット

緊急事態宣言が出されて全国的に外出を自粛しなければいけない状況ですが、

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

大抵の方は素直に不要不急の外出は避けられているのではないかと思います。

社会人の方もリモートワークが進んで、在宅勤務の方も増えているのではと思います。

通勤ラッシュに巻き込まれなくなったなどのメリットがある反面、

ずっと家にこもりっきりだと気分が晴れなかったりストレスになったりという話も聞きますね。

コロナによる夫婦喧嘩や離婚とかも話題になっていましたし。。。

その他、ディズニーをはじめ各種娯楽施設が閉鎖していたりとなかなか行動が制限されてフラストレーションを感じている方が大多数なのではないかと思います。

自分は割とインドアな人間なのでその点こういう状況には強いなと感じていますが。。。笑

さて、何かと不便なこの外出自粛期間ですが、実は隠されたメリットがあります。

それは他人に長期間会わなくて済むことです。

隠されたメリットとかいいましたが、わりと当たり前な話でしたかね笑

他人に合わないのはこれもコミュニケーション好きの人にはストレスがたまるかもしれませんが、

ある一定の人たちにはまたとないチャンスとなるわけです!

さて、その一定の人たちとはどんな人達なのでしょうか。

美容整形などの手術も増えている?

その一定の人たちには、例えば美容整形をしたい人が当てはまります。

普段は会社に出勤していて同僚と顔をあわせるから整形をすると違和感に気づかれてしまう。

かといって美容整形のために長期休暇をとることも仕事が忙しくて難しい。。

などそういうシチュエーションに置かれている人にとって、

現在の外出自粛期間はまたとないチャンスというわけですね!

実際にどのぐらい人が増えているのか、などは風の噂レベルですので定かな情報源がないのですが、

たしかに今は美容整形をしやすい状況にあるというのは納得できます。

そして、これは我々薄毛に悩む者にとっても同じであると思います。

AGA治療も今がはじめどき?

薄毛治療は美容整形と違っていつ始めてもいいんじゃないの?

と思うかもしれません。

まあ実際いつ始めてもよいというのは、真実です。

しかし、AGA治療を新しく始めた方が直面しやすい問題が初期脱毛です。

薄毛を改善しようと思ってAGA治療薬を使い始めたのに、

はじめはむしろ毛髪が抜けてより薄い状態となってしまう期間のことですねΣ(・∀・;)

AGA治療薬であるフィナステリドデュタステリド、特にミノキシジルを使用した場合には起こりやすいですね。

ある意味初期脱毛が起こるということは、

AGA治療薬により毛髪のサイクルが整えられており、使い続ければ毛髪量も回復してくるだろうことを暗示しています。

しかし、初期脱毛期間というものは薄毛治療開始前より更に悪化した状態に一時的とはいえなってしまうわけなので、薄毛治療者側からしたらかなりストレスになります。

実際のところ他人がどのくらい自分の毛髪状況を見ているかはわかりませんが、

治療者側からしたら微妙な変化にも気がついてしまうので^^;

このような点を踏まえると、外出自粛期間中に初期脱毛期間を終えてしまえられれば最高なわけですね!

AGA治療を始めるにあたりネックであった

初期脱毛期間を他人の目を気にせずに過ごせるというのは、精神面で非常にメリットがあると思います!

植毛手術も今がはじめどき?

AGA治療薬の服用開始もそうですが、外出自粛期間は植毛手術を考えている方にも朗報ですね!

むしろAGA治療開始よりもタイミング的には植毛手術のほうがシビアかと思います。

というのも、術後は植毛した箇所にはカサブタがびっしりできてしまったり(術後約2週間)

一時的な脱毛があったり(術後約1ヶ月後)と、植毛手術後すぐにフサフサになるわけじゃないからです!

大体新しい毛髪が生えてくるのは植毛術後約3ヶ月と言われていますね。

もちろんカツラを用意してくれていて、それを使用して隠すというのも一般的かと思いますが

それでもやはりカツラなので違和感に気づく人は気づいてしまう恐れがあります。

そういうわけで、植毛手術後のダウンタイムを考えるとこの外出自粛期間はかなりチャンス到来というわけですね!

植毛手術を扱っているクリニックを参考程度に挙げておきます。

アスク井上クリニック湘南美容外科クリニック親和クリニック新宿アイランドタワークリニックヨコ美クリニック

まとめ

以上、コロナによる外出自粛期間も実は薄毛治療をしたい人にとってはメリットとなりうることをお話しました!

今後どのくらいでこの外出自粛期間が解除されるかはわかりませんが、

少なくともゴールデンウィークまでは他人と会う機会はかなり少ないはずですし、ニューヨークでのコロナ陽性患者数の推移を見ている感じピークで高止まりが続いているので日本ももう少し緊急事態宣言が伸びてしまうのではないかと予想しています。

心の準備ができていないのに焦って始めることはありませんが、

初期脱毛や植毛手術のダウンタイムがこわくて始められなかった人はこの機に勇気を出して始めてみるのもアリだな、ということになります(`・ω´)

AGA治療を始めようという方は最強育毛ストラテジーも参考にしていただければと思います。

皆様くれぐれもコロナにはお気をつけて、体調崩されないようご自愛ください。

Q&A「初期脱毛がなくても効果ある?」など質問3つへのご回答!

こんにちはフカセでございます(`・ω・´)ゞ

 

Fラン大学四年さんから以下のようなご質問をいただきました!

……なんとも自虐的なハンドルネームですねΣ(・∀・;)


AGAのことが分かりやすく書いてあり、とても感謝しています。ありがとうございます。
突然ですが、私は今年の2月から頭頂部ほ髪の毛の薄さに気になり治療を開始しました。
2月~5月 フィンペシアのみ 髪の質は良くなったが、生えてる気はしない。
5月から9月 フィンペシアに加え5mgミノタブを飲むようになる。生えては居るが、M字部分が後退してきた。
10月 このブログに出会い、ボストンサプリを購入。今まで使用してきたシャンプーをハルシャンプーに変更。M字の進行が恐ろしいのでフィンペシアをアボダートに変更。

これが私の治療歴史なのですが、何件か質問があります。
①フィンペシアやミノキシジルを飲んでも初期脱毛が来なかったのですが、効果があるか不安でミノタブを10mgに変更しようか悩んでいます。
②アボダードを飲んだ時に胃が痛くなるのですが、対処法などあれば教えていただきたいです。
③Deeper3DとHairMaxを購入したいですが、流石に学生なのでそこまでの財力が無く、悲しいです。これら以外のエンハンサーとして有効だと思うものはありませんか?

拙い文ではございますが、よろしければ返信お願いします。

ご質問ありがとうございます!

ちょっと毛色の違う3つのご質問なので、ちょっと記事タイトルがよくわかんない感じになっちゃいましたが・・・笑

 

普段は毛色の違う質問は複数記事にわけることが多いのですが、

今回はボリューム的にも1記事でこれらの3つのご質問に1つずつおこたえしていきたいと思います!

それではさっそくいってみましょー!

初期脱毛がこなければ効果なし?

結論からいうと、

初期脱毛が来なくても、効いているものは効いています!

 

確かに、初期脱毛があるもののほうが急激にヘアサイクルが整えられているというわけで劇的に効いていると言えはしますがね^^;

なので、無理に10 mgに変更しなくてもよいかなと個人的には思います。

まあこれは、1つには僕自身がミノタブ10 mgが未知の領域なためというのもありますが・・・。

 

また、国内のAGAクリニックではミノキシジルは5 mgがMaxであり、10 mgは処方されません。

そんなわけで日本人で使われた実績も(個人輸入しかないので)かなり少ないです。

 

臨床試験の副作用の頻度的にも、ちょっとミノタブ10 mgに手を出すのは勇気がいるなと思います。

もちろん、5 mgでなんともないのであれば10 mgへの変更を無理に止めはしませんが、

あくまで自分であれば、多少治療速度がゆっくりになったとしても安全面を考慮してミノタブ 5mgを継続すると思います。

AGA治療薬で胃が痛くなった時の対処法は?

アボダート(Avodart)を飲んで胃痛があるとのことで、
まずはデュタステリド製剤で胃痛の副作用が出やすいのかをチェックしてみましょう。

アボダートと同じデュタステリド系の医薬品であるザガーロやアボルブの副作用情報などが掲載されている添付文書を確認してみました。

ちなみに、販売名が異なるのですが、これらはアボダートと同じくグラクソ・スミスクラインというイギリスの製薬会社の製品で実質的な違いはあまりありません。

 

これらの添付文書によると、

腹部不快感という副作用が1 %未満の確率で起こった模様です。

が、正直1 %未満の発生率である症状は医薬品による影響かは不明です。

 

あくまで臨床試験のデータ上は、胃痛はデュタステリドのせいではないように思われますが、気になるのであればやはり医師に相談するのが一番ではあります。

 

一般的な対処法を述べるならば、なるべくアボダートの服用は空腹時を避けるということでしょうか。

あるいはどうしてもアボダートを服用したときに胃痛があるのであれば、フィンペシアに戻すのでもよいと思います。

どの医薬品にも言えることですが、効果と副作用の重さを天秤にかけて、トータルでプラスだと考えられる方を選びましょう(`・ω・´)ゞ

Deeper3DやHairMax以外のおすすめエンハンサーは?

Deeper3DやHairMaxは確かに高額ですよね。

特にDeeper3Dは育毛剤界の中で最も高額な部類ですし^^;

僕もだいぶバイトを頑張ってお金を貯めたおぼえがあります笑

 

上記2つ以外のエンハンサーというと、

まずは僕自身最近まで使用していたフィンジア(FINJIA)は1つの選択肢になるかと思います。

1本あたりの価格はDeeper3Dの3分の2くらいなので多少は負担が少なくなるかと思います。

また、Deeper3Dを使用していたときは同時にフィナステリドも服用していたのですが

フィンジア使用時はフィナステリドを服用していなくても毛量維持が可能でした。

ですので、その結果からはフィンジア>Deeper3Dといえそうです。

 

その他、HairMaxの低価格モデルもアリだとは思います。

確かにレーザーバンドはレーザー照射が早く済むこと、照射漏れが少なく便利です。

でも、レーザーそのものの効果は変わらないので低価格モデルでも良いと思います。

一番低価格なモデルであるプリマ9であれば、38400円なのでDeeper3Dの3本分くらいの値段で何年も使用可能ということになります。

 

後は、フォリックスFR07などミノキシジル外用液の使用でしょうか。

ミノタブを服用されているなら、ミノキシジルがかぶってしまうのでできればフィンジアorヘアマックスの方がいいかと思いますが、値段的には一番安いですね^^

 

最後に

以上、3つのご質問にご回答いたしました!

いずれも個人的な意見・見解なのであくまでご参考程度に^^;

 

AGA治療は何よりも継続が大事ですので、

あまり金銭的に消耗しすぎないように!

そして、副作用などで逆にQOLが下がってしまわないように!

と心がけて頑張ってください(`・ω・´)ゞ

Q&A「男性のびまん性脱毛症の原因と治療法は?〜AGAとの違い〜」

こんにちはフカセでございます(`・ω・´)ゞ

 

ごろうさんから以下のようなご質問をいただきました。


はじめまして、こんにちは。

ブログをみて、治療開始の部分でとても共感出来ました!笑

中身を見てみて、他のブログとは違うなと思いました。
何点か質問があります。

①女性の脱毛に関しては、脱毛の要因について解説してますが、男性のAGA以外の脱毛に関してはフカセさんは調査していますか?

というのも、私自身男なのですが、女性に出やすいびまん性脱毛症と診断されました。自分でも全体的に薄くなってきてAGAの症状とは違うのかなと思っていました。びまん性脱毛症の場合はAGA治療とは少し異なる治療になると思いますが、参考にできることがあれば、知りたいです。

②ハーグ治療、血行促進療法(炭酸ガス、恵比寿美容クリニック)等は科学的に認められている治療なのでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

2つご質問をくださったのですが、内容のまとまり的にひとまず今回は①についてお答えしたいと思います。

 

それでは早速いってみましょー!

「Q&A「男性のびまん性脱毛症の原因と治療法は?〜AGAとの違い〜」」の続きを読む…

Q&A「デュプロストで耐性ができたらアボダートにすればいい?」

こんにちはフカセでございます(`・ω・´)ゞ

まっちゃさんから以下のようなご質問を頂きました。


いつもお世話になっています。
唐突ですが質問があります。

デュプロストを飲んでいたのですが、あるとき、髪が大量に抜けいるのき気付いて鏡の前で髪の毛をあげてみたら、M字の部分が明らかに上がっていたんです。慌ててネットで新たな薬がないか探したらアボダートに行き着いて今現在飲んでいるんですけど。(飲み始めて1か月位です)

ずばり、デュプロストで耐性?ができてアボダートで回復とゆうことがありえるのでしょうか。

ちなみに、今現在抜け毛は200本位はあります。(抜けはじめもこのくらいだったと思います)

突然ですいません。よろしくお願いします。

まっちゃさんご質問ありがとうございます。

それでは早速お答えしていきたいと思います!

「Q&A「デュプロストで耐性ができたらアボダートにすればいい?」」の続きを読む…

【注意】「フィナステリドの長期服用で耐性がつく」はウソ!?

こんにちはフカセでございます(`・ω・´)ゞ

 

プロペシアに代表されるフィナステリド医薬品をずっと継続して服用していると

耐性がついて効かなくなってくる・・・

みたいな噂がまことしやかに囁かれています。

 

さて、この説は本当なのでしょうか・・・?

ということで、今回はこの説について論文のデータを元に検証したいと思います(`・ω・´)ゞ

 

なお、今回参考にしましたのは、フィナステリドを10年服用した際に効果が持続するのか調べた臨床試験の論文です。

Rossi A, et al., Dermatol Ther. 2011 Jul-Aug;24(4):455-61.

 

それではいってみましょー!

「【注意】「フィナステリドの長期服用で耐性がつく」はウソ!?」の続きを読む…