Q&A「20歳でAGAとなったらいつまで毛量を維持できるか?」

ご無沙汰しております!フカセでございます(`・ω・´)ゞ

 

最近本当に記事更新ペースが落ちまくりで・・・・・

更新を待ってくれている方には申し訳ないです(´・ω・`)

 

さて、瀧山さんから以下のようなご質問を頂きました。


私は東京に住む20歳の大学生です。
高校の頃学校で1番頭の悪い生徒と言われた私はその悔しさをバネに猛勉強の結果早稲田大学に受かりました。
しかし、上京後東京の生活に馴染めず地元に帰り鬱になり2年間のひきこもり生活を始めました。
食生活は乱れ昼夜逆転をして、体重も10キロ以上太りました。しかしなんとかダイエットをして体重を元に戻し大学に復帰したのですが
分け目の部分が広がり常に露出している状態になってしまいました。
あわててagaクリニックに行くとagaを発症してると言われフィナステリドとミノキシジルを処方してもらいました。
しかし薬を飲んでもagaは進行して行くという事実に絶望した私は将来植毛することを決意しました。
でも植毛するには多額のお金がかかります。
だから当分の間は植毛はできません。
20歳でagaを発症してしまった私はいくつまでこの状態をキープできるのでしょうか?
遺伝子検査の結果ではCAGリピート数は23です。フィナステリドで劇的に改善するという
レベルではありません。もう絶望するしかないのでしょうか?

瀧山さんご質問ありがとうございます!

ご回答が遅くなり大変申し訳ありませんでした。

 

確かに植毛は一番手っ取り早い方法ですが、金額面で学生には手が出せませんよね。。。

しかし絶望するしかないわけではありませんので、ひとつずつ解決策を探っていきましょう!

「Q&A「20歳でAGAとなったらいつまで毛量を維持できるか?」」の続きを読む…

Q&A「CAGリピート数の平均は?/5α-リダクターゼが活発か判定可能?」

こんにちはフカセでございます(`・ω・´)ゞ

内藤さんから以下のようなご質問を頂きました。


初めてまして、内藤と言います。
僕も将来AGAになるんじゃないかと不安を募らせる若者です。色々調べていたところこの記事を読んで凄く研究されているんだなと感心と誇らしさを感じています。今日本ではそれほど薄毛の研究はされていないという情報を聞き、心配になっていました。
実は僕の母親の祖父が薄毛だったみたいで僕が生まれる前に亡くなって会った事がないんですけど、母親が50代前半でかなり薄かったと聞きましたし、母親の弟さんも今50歳ぐらいなんですけどもう薄いです。母親の祖母の父親がやはり薄かったみたいで、その体質が遺伝したんじゃないかと僕は思って自分も遺伝してるのではないかと思い、AGA遺伝子検査キットを購入して検査に出したところ驚きの結果が帰ってきました。
内容はCAGリピート数とGGCリピート数の合計が43でCAGリピート数単体で26でした。
ですがいくら合計の数値が高くても禿げる人もいるみたいですし逆に低くても禿げない人もいるみたいですし、良く分からないなーと思っています。只僕なりに色々と調べて1つ思った事があって、それはアンドロゲンレセプターの感受性が高くても5αリダクターゼが活発じゃない人はそんなに目立って禿げる事はないんだろうなと思いました。だから若い時っていうのはテストステロンが強いし、還元酵素を阻害する働きがあるから禿げにくいんだなと思いました。でも歳をとるとやはりテストステロンも徐々になくなりはじめてくるのでそうなると還元酵素が活発に働いてテストステロンが、弱くなった分ジヒドロテストステロンが多く分泌されて尚且つもともと感受性も高い人だと薄毛になっていってしまうんだろうなと素人なりに思いました。
でも最近外国のとある博士が薄毛になる遺伝子を遂に解明!したみたいな記事が出てましたし、後若くて禿げる人は精子の数が少ないとか、老齢で禿げる人はコラーゲン減少で禿げるとか色々な事が判明してきてますね。
今回質問させて頂きたいのは、CAGリピート数が26というのは低い方なんでしょうか?又割合的には結構多くの人が26なのでしょうか?後5αリダクターゼが活発な人はどういった判別が出来ますか?見た目でも分かるものなのでしょうか?長々となりましたがどうか
返信して頂くと嬉しいです。是非宜しくお願いします

ご質問ありがとうございます!

内藤さんもすごく真剣に研究されているんだな、ということがすごく伝わってきました(`・ω・´)ゞ

 

それでは赤字の部分を中心に早速いってみましょー!

「Q&A「CAGリピート数の平均は?/5α-リダクターゼが活発か判定可能?」」の続きを読む…

実は間違い!?遺伝子検査によるAGAリスク予測の真実

こんにちはフカセです(`・ω・´)ゞ

最近はどこのAGA治療専門クリニックでも遺伝子検査を行えるようになっていますし、なんならキットを購入することでわざわざクリニックに行かなくても検査が可能であり、身近な検査になってきていると思います。

お手軽な検査なため、本格的にAGA治療をする前に遺伝子検査をする人は増えていますが、「でも実際のところそれってする意味本当にあるの?」という方も多いと思います。

値段も決して安くないため、そこはよく考えてから実施するか決めたいところです。

そしてひとつ注意してほしいことがあります。
「実は間違い!?遺伝子検査によるAGAリスク予測の真実」の続きを読む…